会場一覧は、ここをクリックしてください

交通費を安く抑える方法

プロレスを見てると、遠くの会場に行ってみたくなります。

でも、できることなら、交通費はできるだけ安く済ませたいですよね。ということで、僕がよく使う安く移動する方法を紹介します。

スポンサーリンク

新幹線

ここで紹介するのは全て、JR東海のサービスです。利用するには、会員登録と年会費1,000円が必要です。なお、割引サービスが利用できるのは、繁忙期以外の時期(盆・正月以外)のみです。

EX早特21

東京ー大阪→11,000円

通常14,450円の東京ー大阪間が、20%以上割り引きの11,000円になります。もちろん「のぞみ」です。条件は次の2つです。

  • 出発の21日前に予約すること
  • 6時~、11時~15時に乗ること

素晴らしいです。ちょっとだけネックなのは21日前に予約することでしょうか。でも、プロレスのスケジュールって、かなり前から決まっていますよね。それなら早めに予約して、お得なチケットを手に入れたほうがお得です。僕は大阪に試合を見に行くときは、ほとんどEX早特21を利用しています。

EXのぞみファミリー早特

東京ー大阪→12,340円

通常14,450円の東京ー大阪間が、約15%引きの12,340円になります。もちろん「のぞみ」です。条件は次の2つです。

  • 出発の3日前に予約すること
  • 2人~6人であること

上記のEX早特21ほどではないですが、これもお得なチケットです。3日前まで予約可能なのがルーズな人に嬉しいです。ネックは1人では予約できないこと。ボッチ参戦のときは利用できません。

EXグリーン早特

東京ー大阪→19,230円

通常19,230円のグリーン車、東京ー大阪間が、約25%引きの14,400円になります。条件は次の1つです。

  • 6時~のグリーン車に乗ること

グリーン車ですよ!通常19,230円のグリーン車に格安で乗れます。ネックはひとつ、朝の6時台に乗ることです。辛いですが、そのぶんグリーン車に乗れますし、現地に早く着けます。

ぷらっとこだま

東京ー大阪→10,500円

通常14,450円の東京ー大阪間が、約27%引きの10,500円になります。条件は次の2つです。

  • 前日までに予約すること
  • こだまを利用すること

手軽です。ネックはこだましか利用できないこと。東京ー大阪は5時間以上かかりますが、東京ー名古屋なら約4時間で着きます。僕が利用したときにはビール3杯で着きました。後、浜松や静岡で試合を見るときに使えます。

飛行機

新幹線は、利用できる地域が限られていますが、飛行機なら日本中、世界中に飛び立てます。最近は格安で航空も増えてきたので、お得なアクセスが可能です。座席はちょっと狭いですが、東京ー福岡間ですと、たったの1時間45分です。なんとか我慢できるでしょう。また、格安航空に合わせて、全日空(ANA)や日本航空(JAL)の価格も下落しています。

航空券は、比較サイトで調べるのが効率的です。比較サイトを検索し、出発地と目的地を入力して調べてみてください。時間を限定すれば安いことがあります。

夜行バス

少し前の格安移動と言えば夜行バスでした。ただ最近は上記の移動が安くなったため、割安感は薄れています。時間もかかりますしね。とはいえ、やっぱり安いのは夜行バスです。密航感も増すので一度は乗ってみてもいいかも。

夜行バスも、比較サイトから調べるのが効率的です。

格安移動のまとめ

以上、日本全国を格安に移動する方法を紹介しました。もちろん上記に紹介した方法よりも安く移動する方法はいくらでもあります。極端な話、歩いたり自転車に乗ったりして移動すると、移動にかかる費用はただですしね。

今回紹介した方法もどれも現実的な移動方法ばかりです。特におすすめは、新幹線の「EX早割21」です。これは本当にお得です。21日前に予定が決まっている人は絶対に利用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました