会場一覧は、ここをクリックしてください
スポンサーリンク

ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)でプロレスを見る!座席を紹介

愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)の座席・アクセスを解説。初めてのプロレス観戦! 会場

愛知県名古屋市、東海地方屈指のプロレス会場「愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)。名古屋からはもちろん、東京・大阪からも行きやすい便利な会場です。

各プロレス団体の主要カードが組まれることが多く、新日本プロレスやドラゴンゲートは大きな大会の常設会場としています。

今回は、愛知県体育館の「座席・席順・アクセス」を解説します。

愛知県体育館、座席ごとの特徴

愛知県体育館では、おおよそ下記のような座席が設定されています。

  • ロイヤルシート
  • SS席(特別リングサイド)
  • 特別リングサイド(1階ひな壇)
  • 2階特別席
  • 2階指定席(A・B)

愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)の座席図

クリックすると拡大します
愛知県体育館(ドルフィンアリーナ)座席表

椅子の配列は新日本プロレスを参考にしています。アリーナ席の配列は団体によって異なることがあります。

座席ごとに、見え方と特徴を紹介しましょう。

ロイヤルシート

愛知県体育館特別リングサイド
最前列から見たリング

中央に置かれたリングを中心に、最前付近を指す座席です。

キャパ7000人以上の愛知県体育館で、最も見やすく高価な座席。ロイヤルという名前は伊達じゃない、存分にプロレス観戦を堪能できるでしょう。

チケット代は1万円以上しますが、すぐに売り切れる人気席。ファンクラブ抽選でないと手に入れるのは難しいです。

愛知県体育館クラスの会場ですと、ほぼテレビで生中継されます。常にテレビに映っているくらいのつもりで観戦してください。それくらい近いです。

SS席(特別リングサイド)

愛知県体育館リングサイド席から
リングサイド付近から見たリング

ロイヤルシートのすぐ後ろ座席です。

リングが間近の良席です。ロイヤルシートはファンクラブ先行でほぼ売り切れますが、SS席だと、一般枠でもチャンスがあるかも。

場外乱闘の際は、ほぼ確実に巻き込まれます。ときには選手に椅子を奪われるときもあります。プロレスの場外乱闘はいきなり始まるので、すぐに逃げられるよう荷物は整えておきましょう。

床に段差がないので、前に座る人によってちょっとだけ見にくいことがあります。

1階席の椅子

愛知県体育館の椅子
1階のパイプ椅子

プロレス観戦は3~4時間にも及ぶ長丁場。座る椅子も重要です。

愛知県体育館ではロイヤルシート・SS席には、折りたためないパイプ椅子が使われています。座面にクッションは効いていませんが、背もたれが付いているので楽な態勢がとれます。

特別リングサイド(1階ひな壇A・B)

愛知県体育館2階席最前列
ひな壇(西側)から見たリング
愛知県体育館ひな壇席
ひな壇席(南側)から見たリング

新日本プロレスでは「特別リングサイド」といいますが、はっきり言ってリングサイドではありません。一般的には1階指定席、もしくは1階ひな壇席と呼ばれる座席です。

どこの会場でも同じですが、1階席の後方は前に座る人の座高によってかなり見え方が変わります。座高差で、およそ10センチ以上の差があるとリングが見にくくなります。とはいえ文句を言うわけにはいかないのに、これは運次第です。

ただし、1階ひな壇席となると話は別。

ひな壇とは、椅子の下に階段状の資材を置いた座席のことで、他の席よりも1段も2段も視線が高くなります。後列にいくごとに段差が増すので後ろのほうでも見やすいです。

愛知県体育館ひな壇の段差
ひな壇の段差

1階後ろの平地の座席を選ぶなら、ひな壇席を選ぶほうが圧倒的におすすめです。

1階席とひな壇席の見分け方は、1階席が「5列39番」と数字だけなのに対し、ひな壇は「F3列40番」のように、AからFのアルファベットが座席番号の前に振られています(絶対ではありません)。

ひな壇の椅子

愛知県体育館ひな壇の椅子
ひな壇の椅子

特別リングサイド(ひな壇席)では、緑の固定の椅子が使われています。

クッションは効いていませんが、ひな壇席にしてはちゃんとした椅子です。ただし、横幅が少し狭い(目測で45センチくらい)ので、体格の良い人が続くとやや狭く感じるでしょう。

ひな壇席注意点

ひな壇席では、ひとつだけ注意しなければいけないことがあります。

それは「1列目は選ぶな」ということです。愛知県体育館のひな壇1列目は、ひな壇ではありますが、段差が設置されていません。

つまり、他の座席と同じ高さなのです。

愛知県体育館ひな壇席
ひな壇席1列目は段差がない

単なる1階席最後列と言っていいでしょう。

ひな壇席を選ぶなら、2列目以降がおすすめです。リングへの視線を遮られることなくプロレスを堪能できます。

2階特別席

愛知県体育館2階席最前列
2階席(2列目・西)から見たリング
愛知県体育館2階席列
2階席(4列目・南)から見たリング

2階はすべて固定の座席です。

前列、もしくは正面側を特別席と呼ぶようです。2階席は距離こそ離れていますが、視線がロープの上を跨ぐようにリングを見られるので、試合に集中できます。

2階指定席(A・B)

愛知県体育館2階席列
2階席(最後列・東)から見たリング
愛知県体育館2階席
2階席(最後列・北東)から見たリング

2階特別席の後ろから最後列までを指します。

リングから距離は離れますが、2階席はすべて段差がついているので、試合自体は見やすいです。そして安い。

愛知県体育館のような広い会場ですと、リングサイド付近以外は、どこを選んでも距離があります。それなら割り切って2階後方の指定席を選ぶのもいいでしょう。

浮いたお金は他の大会に回してもいいですし、帰りに飲み食いして使ってもいいでしょう。

2階席(後列)の椅子

愛知県体育館2階の椅子
2階席(前列)の椅子
愛知県体育館2階の椅子
2階席(後列)の椅子

愛知県体育館の2階席は、2種類の椅子が使われています。

とはいえ大きな違いはありません。両方とも座面が跳ね上がるタイプでプラスチック製。前列の席のほうがやや幅が広いです。背もたれは両方に付いています。

2階席の注意点

クリックすると拡大します
愛知県体育館(ドルフィンアリーナ)座席表

愛知県体育館は、会場全体が長方形をしています。南北が短く東西が長いです。

2階席を選ぶときはこれが重要で、同じ2階最前列でも、南北と東西ではリングまでの距離が違います。

方角によって見え方も違うので、購入時は注意してください。

愛知県体育館の飲食店

次に、愛知県体育館の飲食を紹介します。

愛知県体育館は名古屋城の敷地内にあるため、周辺にコンビニエンスストアはありません。

代わりに、「金シャチ横丁」という飲食ゾーンがあります。

ここには観光客を対象にした飲食店が多数あります。必要に応じて利用してください。ちなみに生ビールは500円でした。

体育館内には、1階入り口と2階通路に売店があります。試合があるときは飲料・軽食が売られているはずです。ただし、体育館内は「飲食禁止」のときもあるので、事前に確認しておきましょう。

トイレ・喫煙事情

愛知県体育館の2階のトイレ
それなりの歴史のあるトイレ

愛知県体育館が建てられたのは1964年です。少し古めなのでウォッシュレットなどはありません(すべては確認していません)。1階、2階と数はそれなりにあります。

また、会場内は完全禁煙なので、タバコは、いったん会場から出て外で吸います。

愛知県体育館周辺のホテル

愛知県体育館は名古屋駅や栄駅から近いので、周辺にホテルがたくさんあります。

最寄りの「市役所前駅」が通る名城線は、栄駅や久屋大通駅など主要駅を通ります。この辺りを予約するのがおすすめです。

ベッセルイン栄駅前【全室禁煙】

名古屋随一の繁華街「栄駅」から徒歩2分の場所にあるホテルです。

口コミ投稿を見ると、名古屋でのライブに来た人が多く泊まっています。コンパクトながら、必要最小限のものが揃っています。

ホテルウイングインターナショナル栄駅前

栄駅と矢場町駅の間にあるホテルです。

女性人気5つ星というだけあって内装に凝っています。フロアごとにテーマのあるデザインは必見。それでいてリーズナブル。彼女と名古屋で観光なんて幸せ者にはおすすめです。

繁華街に徒歩圏内なので便利です。

ただし、ナゴヤドームで大きなイベントがあるときは、ホテルが予約で埋まる可能性がありますので、注意してください。

愛知県体育館の最寄り駅・アクセス

名城線「市役所駅」
市役所駅7番出口

愛知県体育館の最寄り駅は、名城線「市役所駅」です。

名城線「市役所駅」
愛知県体育館は、7番出口

「市役所駅」7番出口から地上に出ると、ほぼ名古屋城の敷地内に着きます。「愛知県体育館」の案内板もたくさんあるので迷うことはないでしょう。

遠方から訪れる方は、名古屋城観光と合わせてみてください。

ただし、名古屋城の天守閣は改修作業中です。期間は2022年末までなので、気長に待ちましょう。

あなたに合った座席をお選びください

愛知県体育館
愛知県体育館全景

愛知県体育館について紹介しました。

愛知県体育館は、新日本プロレスのG1クライマックス、ドラゴンゲートの金網戦が行われる人気のプロレス会場です。一度は行ってみたいと思っている人も多いことでしょう。

文中でも説明したとおり、せっかく行くなら名古屋観光と合わせて行くのが圧倒的におすすめ。名古屋は美味しいものもたくさんです。計画を立てて楽しんできてください。

ブログ「旅するプロレス会場」は、どのページもリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ
この記事を書いた人
オレンジ

プロレスの会場を紹介するブログ「旅するプロレス会場」の管理人です。座席の位置、見え方、アクセスなど、できるだけ詳しく書いています。

オレンジさんをフォローする
会場
スポンサーリンク
この記事をSNSでシェアする
オレンジさんをフォローする
スポンサーリンク
旅するプロレス会場
タイトルとURLをコピーしました