会場一覧は、ここをクリックしてください

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

Translate:
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介 会場
\漫画 プロレスの会場/

有明アリーナに行きました。

有明アリーナは東京都江東区にある屋内競技施設で、最大収容人数15,000人の大きな会場です。

今回は、有明アリーナの座席、席順、アクセスを紹介します。

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナ外観

有明アリーナの座席表(一例)

有明アリーナは収容人数15,000人ほどの大規模会場です。客席はアリーナやひな壇、2階~4階フロアからなる多重構造で、購入した座席によって見え方が大きく異なります。

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナ座席図
  • 座席の配列、名称は団体、時期によって変わります。
  • リングサイド、アリーナ席の配置は団体によって異なります。
  • 3、4階席、同じフロアとして扱っています。

今回は、3階席と4階席は同じフロアとして扱っています。状況が分かってきたら追記していきます。

有明アリーナの座席ごとの特徴

それでは、座席ごとに特徴と見え方を紹介していきます。

  • アリーナ前方席
  • アリーナ後方席
  • ひな壇席
  • 2階スタンド席
  • 3、4階スタンド席

アリーナ前方席

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲最前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲2列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲7列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲7列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

広い有明アリーナでもっともリングに近い座席です。

その分チケット代も高く、前の方だと数万円もしますが、大迫力の試合を堪能できるでしょう。

特に前方の良席はファンクラブ販売だけで売り切れることがあるので、なるべく早めに買うことをおすすめします。

イベントによってはアリーナ席の中でも特に前方に特化した席(VIP席・ロイヤルシートなど)もあります。

アリーナ後方席

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲15列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲17列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲14列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲18列目からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲アリーナ最後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

アリーナ席の中ほど、および後方の座席です。

アリーナ席は、有明アリーナで唯一フラットな床に椅子を並べる座席です。

そのため、前に座る人のサイズによっては、リングが見えにくいことがあります。真ん中より後ろだと、リングのどこかしらが見えにくくなることもあります。

やや運に左右される座席です。

ひな壇席

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇東側最前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇東側中列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇東側後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇南側最前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇南側最後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

アリーナと2階席の間にある席です。

固定の座席ではなく、必要に応じて動かせる台の上に設置される座席で、イベントによっては設置されないときもあります。

アリーナ席より後ろですが、階段のような段差の上に設置されているので、リングまでの視界が開けて、とても見やすいです。

もし写真などを撮るのであれば、ひな壇からが一番撮りやすいと思います。

2階スタンド席

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲2階席東側最前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲2階席東側後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲2階席東側最後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲2階席南側からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

ここからは固定の座席です。

イベントによって階数の表記が変わることがあります。

指定席の中でもっともリングに近い座席です。指定席はすべて段差上に座席が設置されているので、どこからでも見やすいです。

会場全体を見渡せます。

3階、4階スタンド席

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲3階席東側最前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲3階席東側最後列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲4階席東側前列からリング
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲4階席東側最後列からリング

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

上方の座席です。

ビルの3、4階からリングを見下ろすのと同じで、かなりリングまで距離があります。

そのぶん、チケット代はリーズナブルなので、グッズや食事代にお金を当てることができるでしょう。

ただし、高所が苦手な人には向かないかもしれません。

車椅子スペース

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲東側の車椅子スペース

有明アリーナには、車いす用のスペースも設けられています。

広々として使いやすそうです。

有明アリーナの設備

次に、有明アリーナの設備を紹介します。

座席、椅子

椅子は大きく分けて3種類です。アリーナ席の椅子、ひな壇席の椅子とスタンド席の椅子です。

アリーナ席の椅子

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲アリーナ席の椅子

アリーナ席は普通のパイプ椅子が使われています。折りたたまないタイプですが、座り心地はあまりよくあありません。

4~5時間を超えるイベント見るときは少しだけ心もとないので、適当に動いて体をほぐしながら見るようにしてください。

新しい会場は、このタイプの椅子が主流です。

ひな壇席の椅子

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひな壇席の椅子

背もたれ付きの椅子です。通常、ひな壇は簡易的な椅子が使われることもありますが、有明アリーナの椅子はしっかりとした作りなので、落ち着いて座ることができます。

スタンド席の椅子

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲スタンド席の椅子

ここも背もたれ付きの椅子です。固定式の座席なので座りやすいです。長時間のイベントでもゆっくりと見ることができます。

大型ビジョン

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲リング上方の大型ビジョン

リング上空に、四方に向いたビジョンがありました。ここに煽り動画などが流れます。

私はアリーナ席から見上げるように見ていたのですが、ビジョンを固定する金具(?)が、の字幕に被って読みにくかったです。これは改善してほしいです。

トイレ

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲男子トイレ(MEN’S TOILET)入り口

新しい会場からなのか、トイレの数が多いです。助かります。

感覚的には通路に出たらすぐにトイレがある感じでした。ありがたいのは、トイレ内の動線がしっかりしていることです。

入り口から出口までが一方通行になっているので、混雑しているときでも人が密集せずスムースに流れます。これは他の会場も見習ってほしいです。

コインロッカー

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲入口近くのコインロッカー

会場内にコインロッカーがあります。

有明アリーナくらい大きな会場ですと、遠方から観戦に訪れる人も多いでしょう。いったん荷物を預けて、身軽になっての観戦が可能です。

ベビーケアルーム

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲個室のベビーケアルーム

プロレスの会場で、ベビーケアルームを見たのは初めてです。

小さなお子様を連れて観戦も可能です。ただし、試合当日も使用できるかは不明です。

有明アリーナの最寄り駅・アクセス

公共交通施設と自家用車の2パターンを紹介しましょう。

公共交通施設で行く

最初に、電車を使って有明アリーナに行く方法を紹介します。

新交通ゆりかもめ

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」

最寄り駅は2つです。新交通ゆりかもめ「新豊洲駅」と「有明テニスの森駅」です。

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介

両駅とも徒歩約8分なので、どちらで降りても構いません。

もし豊洲駅からゆりかもめに乗るのであれば「新豊洲駅」のほうが近く、新橋駅からなら「有明テニスの森駅」のほうが近いです。

いずれも、駅に設置された案内図を見ると、有明アリーナが載っています。

というより、ゆりかもめに乗っているときから、アリーナが見えているので、迷うことはまずないでしょう。ほぼ一直線に歩けば着きます。

有明テニスの森駅から有明アリーナ
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明テニスの森駅。ホームから有明アリーナ(赤い囲み)
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲西側の階段を降りて左に曲がる
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲ひたすらまっすぐ歩く
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナに到着
新豊洲駅から有明アリーナ
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲新豊洲駅から南へ進む
有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲木遣り橋を渡ると有明アリーナ

東京臨海高速鉄道りんかい線

りんかい線での最寄りは、「国際展示場駅」と「東雲駅」です。ただし徒歩約17分と少しだけ距離があります。

地図アプリなどを使って迷わないようにしてください。

自家用車で行く

有明アリーナには、専用の駐車場はないようです(関係者用はあり)。

そのため、自家用車の場合は周辺のパーキングを利用します。有明エリアのパーキングは30分でおおよそ300円から400円ほどです。有明アリーナでは4時間をこすイベントが多いので駐車料金も割高になりがちです。割引などを使って上手に利用してください。

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナ入り口

有明アリーナ周辺のコンビニ、飲食店

有明アリーナ周辺の店舗を紹介します。

先に書きますが、周辺にはあまり店舗がありません。そのため、飲み物などは事前に購入したほうがいいでしょう。

コンビニエンスストア

最寄りのコンビニは、ファミリーマート江東有明店です。しかし、微妙に遠く、テニスの森駅とは反対側にあるので、駅から有明アリーナを一度通り過ぎないと立ち寄れないので、使い勝手はよくありません。

次に最寄りのコンビニは、ローソン有明コロシアム前店です。こちらも立ち寄りやすくはないのですが、ディファ有明近くにあったコンビニということで、当時に通っていた人は多いかと思います。当時のディファ有明を知る人にとって、懐かしさを感じるコンビニです。

有明アリーナダイニング MOON RIVER

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナダイニング MOON RIVER

有明アリーナの敷地以内にあるカフェです。試合前に軽食なんていかがでしょう。テイクアウトして海辺で食べるのもおすすめです。

ショッピングモール「有明ガーデン」

有明アリーナ近くの大型ショッピングモールです。

リンク 有明ガーデン

ショップから、レストラン・カフェなど、おおよそなんでもそろっているはずです。有明アリーナに行くときは、ここに立ち寄って、ゆっくり食事でも楽しんでみてはいかがでしょう。

有明アリーナ周辺のホテル

有明アリーナ周辺は、東京オリンピックに合わせて作られた場所なので新しいホテルが多くあります。代表的なものを少しだけ紹介していきましょう。

ファーイーストビレッジホテル東京有明

有明テニスの森駅と有明アリーナの間にある新しいホテルです。有明アリーナから近いのですが、周囲に店はありません。とにかく、近くに泊まりたい人用です。

ホテル ヴィラフォンテーヌグランド東京有明

有明ガーデンの中にあるホテルです。天然温泉があるので、ゆっくりできそうです。

有明アリーナでプロレスを見よう!

有明アリーナについて、ひと通り見てきましたが、とても快適な会場だと思います。

当たり前ですが、新しい会場は綺麗です。プロレスを見るときは、そこに5~6時間以上滞在するのですが、きれいな会場のほうが満足度が高いですよね。会場が快適であるとプロレスの魅力も増します。

都心から距離はありますが、有明・お台場観光と合わせて楽しむことができる会場です。

有明アリーナでプロレスを見る!どう見える?座席図も合わせて紹介
▲有明アリーナ外観
タイトルとURLをコピーしました