会場一覧は、ここをクリックしてください

タワーホール船堀でプロレスを見る!無料で上れる東京三大タワー

Translate:
タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう 会場
\こちらもオススメ/

漫画プロレスの会場


タワーホール船堀に行きました。

タワーホール船堀は、東京都営新宿線「船堀駅」から徒歩1分の場所にある施設で、イベントホールや結婚式場、飲食店などが入る複合施設です。

名前の通り、建物の上層がタワーになっていて、最上階は地上115メートルから360℃パノラマを楽しめる展望台になっています。

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
タワーホール船堀 展望台

これだけ聞くと、プロレスとは縁もゆかりもない施設のようですが、ごくたまに、施設内のホールでプロレスを開催していることがあるのです。

今回は、タワーホール船堀の大ホール(以下、タワーホール船堀と表記)を紹介します。

タワーホール船堀の座席図

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
タワーホール船堀大ホール座席図

上記の図のように、タワーホール船堀には舞台があって、舞台から見て一方向のみに客席が設置されています。

プロレスのときは、舞台の上にリングを置くので、客席の大半は一方向からの観戦となります。リングサイド席のみ舞台の上に設置され、3列ほどだけパイプ椅子が用意されています。

タワーホール船堀の座席ごとの見え方

では、場所ごとに、リングがどのように見えるか紹介していきます。

リングサイド席

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
リングサイド席

舞台の上ですね。

見え方は通常のリングサイドと変わりません。

入場も試合も目の前で見られるので、臨場感抜群です。気のせいかもしれませんが、こういった特殊な会場は、場外乱闘が多めです。

指定席(前方)

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
指定席前方

固定された座席の前の方の席です。

わずかながら段差が付いているので、どこからでも見やすいです。ただし、舞台の上にリングが設置されるので、通常の会場よりも少し目線が上がります。

最前ですとリングの奥が見えなくなりますが、そのへんは団体側で考慮して、前数列は販売がされていないようです。

指定席(後方)

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
指定席後方

固定された座席の後ろの方の席です。

見え方は前方の席と変わりませんが、少しずつリングが遠くなります。ホールの出入り口は後ろにあるので、出入りはしやすいです。

椅子について

タワーホール船堀には椅子が2種類あります。一つはリングサイドのパイプ椅子で、もう一つは指定席の据え置きの椅子です。

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
リングサイドのパイプ椅子
タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
指定席の椅子

見てのとおり、据え置きの椅子のほうが座りやすいです。

タワーホール船堀へのアクセス

タワーホール船堀の最寄りは、都営新宿線「船堀駅」です。

改札は1か所で北口側に出ると、目の前に特徴的な建物が見えます。ここが、タワーホール船堀です。

大ホールはここの4階にあります。一階から入り、まっすぐ進むとエレベーターがあるので乗りましょう。降りると、すぐに大ホールがあります。

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
北口(出口)から出る
タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
タワーホール船堀入り口
タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
会場案内図

タワーホール船堀周辺の飲食店

船堀駅周辺は、飲食店が多いです。特に15席くらいの落ち着ける雰囲気のお店が多いので、試合後にちょっと飲んでいくのに最適です。

ぐるなび 船堀駅周辺の飲食店

近くにはイオンがあってコンビニの数も多く、都心へのアクセスも良い船堀駅は、住むにも良い場所だなと思いました。

タワーホール船堀でプロレスを見よう

タワーホール船堀でプロレスを見る!東京三大タワーへ無料で上ろう
大ホール全景

タワーホール船堀の会場を紹介してきましたが、ここでプロレスが行われる回数は多くありません。

でも、こんな感じのホールは体育館とは違った気分でプロレスを見ることができるんですよね。ちょっと気分を変えてプロレスを見たいなんて人におすすめです。

タワー展望室

冒頭で紹介した「タワー展望室」は無料で上がれます。

船堀タワーホール展望室の内観
展望室の内観
船彫タワーホール展望室の夜景(スカイツリー)
タワー西側の夜景

地上115メートルの高さから、東京・千葉の景色を堪能できます。

タイトルとURLをコピーしました